Page 2 of 2

セットアップは薄毛が目立つ

祭りで髪をセットしに

行った時に築いたんですけど

髪を上げた時頭皮がかなり

見えていました 。

ハゲいるとわかるレベルでした 。

けど髪をセットし終わった

後だから仕方なくそのまま

祭りに行きました 。

まわりのひとが自分の髪を

見てんじゃないかと

不安であまり楽しめませんでした 。

逆にまわりにわたしみたいに

髪が薄いひとがいないか

探したりしていました (笑)

友達はわたしに気を使ったのか

髪の長の事は何も言ってきませんでした 。

それが逆に

気まずかったです 。

わたしは髪を隠すためにタオルを

頭にかぶせました 。

そしたらタオルが落ちて

拾おうとした時しらない

おじさんに髪をじーっとみられました 。

薄いなぁとでも

思ったんでしょうか 。

そのおじさんは

髪はフサフサでした 。

恥ずかしい気持ちでいっぱいでした 。

もうにどと髪のセットはしたくないです 。

祭りで汗をかくと

よけい薄毛が目立って嫌でした 。

帰りたいなぁ って思っていたら

知り合いにあってそれから

合流することになり結局祭りが

終わってもその後もあちこち

付き合わされ朝まで帰れませんでした 。

本当に最悪な一日でした 。

帰って髪をほどいた時髪がかなり

抜けていました 。時間が

たっていたので汗で頭は痒いしで

最悪でした 。

なぜわたしはいままで

時間のかみが薄くなっていたことに

築かなかったのか 。

その日私は育毛剤を買いにいきました 。

ハゲはやはり遺伝だろうか

うちの旦那は若い頃はふさふさだったそうです。20代の頃からだんだんと薄くなり始めたそう。その頃はバブルでお金を稼いでいたので、育毛剤や増毛のお試しなどにかなりつぎこんだらしいです。しかし効果はいまひとつ。私と出会った30代はまだ気になるほどではありませんでした。しかし結婚してから、枕に残る髪の毛が多くなり…だんだん頭頂部の頭皮が透けてみえるようになり…40代の今はかなり寂しい感じになっています。病院に行き、薬での治療もしてみました。産毛が生えてきたと本人は言いますが、薬代が高くて続けられませんでした。そういえば彼のお父さんはスポーツ刈りのようなヘアスタイルでしたが、薄くはなかったはず。遺伝ではなく、ひどく汗かきだからか、仕事がら帽子をかぶることが多いから頭がムレるからか。しかし先日昔の写真を見ていた時、見つけました。ひいおじいちゃんが見事なハゲ頭ではありませんか。かなり高齢のようですが、きっと若い頃からハゲ初めていたに違いありません。やはり遺伝だったんですね。ではしかたありませんから、これからもハゲ頭と付き合っていかないとね。

この頃毛が抜ける量が増えてないかなあ?

なんだろうか?最近になってから毛が抜けている量が増えているような気がして気がしてしょうがないなあと思ってる。

朝起きてから枕の付近に普段は見ないような抜け毛の量がおちているようなことをちょっと見かけるようなケースがここの所増えてきた感じがするし、

頭を洗っているときでも、抜ける毛の量がちょっと前よりも増えているようなことが目立つようになってきた。

季節のわかり目だから、髪の毛にダメージが残っているからだろうといえなくもないが、それにしても多い。

夏は確かにそこまで気にしていなかったと思えばそうなんだが、毛がやっぱり抜け始めている。

しかも、毛の感じも最近腰がなくなったというか、太さを感じなくなっているような気がしてならない。

前なら簡単に立てることができた髪の毛もちょっとワックスの量を増やさないといけない感じになってきた。

もうそろそろ髪の毛を気にしない年になってきたんだなあと思うとちょっと気が重くなってきますねえ。

なんかいい育毛剤化シャンプーでもこんど薬局かどこかで見てきた方がいいような気がします。

ハゲの恋愛事情をお知らせします。

はげ始めて5年…僕の頭皮は現実逃避さえできないレベルになってきている、今日この頃である。人の第一印象の5割は髪型が占めているといっても過言ではない…

故に僕はこと恋愛においては初めから大きなアドバンテージを背負っていることになる。いわば、呪いの装備だ。「はげ」という教会でお払いのできない一生付き添っていく装備をもっているのである。ここで年齢を明かすが僕は、26歳だ。そう大学三年の夏僕の頭皮は違和感を感じ始めた。シャンプーによって流れ落ちる髪の毛の量が明らかに増えているのだ。世間でやはり「はげ」という人種はやはり軽視されているのは事実。

しかし私は恋愛を諦めたわけではない、むしろ闘志を燃やしている。なぜならやっと容姿ではなく心、内面を見てくれる人に出会えるチャンスをもらったとも言い換えることが出来るからだ。しかしそう思い始めて早五年….やはりできない….

ここで気づいた。容姿ではなかったのだ、僕の内面が腐っているからできないだけの事であってはげであっても彼女を作ることは可能であるとは私は信じている。

それを事実にするために内面を入れ替え頑張っていきたいと思う。

目印になるものと言えば、ハゲ

三十代半ばあたりから、どんどん額が広くなってきました。頭頂部もサワサワと寒くなってきました。毎朝鏡を見てヘアセットをするのですが、だんだんと時間がかかるようになってきています。

そんな私を見て、妻が髪を育てるシャンプーを買ってくれました。ボトルで三千円以上したそうです。風呂には頭皮マッサージの器具も買っておいてくれました。妻の優しさに感謝しながら、毎日シャンプーし、マッサージしています。

しかし、なかなか効果は表れませんでした。それでも妻は、気にしなくていいよとか、薄くてもかっこいいよとか言ってくれてました。

しかしこの前、なんともモヤモヤする出来事がありました。とある方と待ち合わせすることになったのですが、お互いの顔を知りません。妻は電話で、紺色のスカートを履いているとか、主人がグレーのスーツを着ているとか伝えてました。しかし、最後には「あー、主人はハゲてます。はい。それでは」と言って電話を切ったのです。

一瞬ぽかんとしてしまい、何も言えませんでした。待ち合わせでは、先方がニコニコ私の頭を見ながらやって来ましたよ。

不安な気持ちが夢にまで……

数日前のことでした。お風呂で何気なくシャワーを浴びていた時のことです。髪を梳いているとポロポロと髪の毛が落ちてくるのです。

まだ27だというのに、これでは先が思いやられてしまいます。

普通、これぐらいの歳になるともうみんな対策をはじめているのでしょうか……?こんなこと恥ずかしくて友人にも相談できないな……

昨日は夢で髪の毛が全部抜け落ちる夢まで見てしまって最悪の朝だった。

安眠の為にも何か調べて見ようかな……。

うん。こんなことを愚痴ってしまってすみません。なるべくネガティブなことは書かないようにしてるんですけど不安な気持ちがどうしても逸ってしまって。

取りあえず明日は髪の毛によさそうなものを食事に選んでみようかな。いつも大変な仕事ばかりだし、せめて夢ぐらいは楽しいものを見たいものです。

もし、こういう不安を取り除けるような対策を知っている人がいたらだれか教えてもらえないものだろうか。

いっそ快眠をとる方法だけでもいいんだけどなあ。

取りあえずこんばんはいい夢が見られることを祈って。オヤスミナサイ。明日の朝が怖い。

薄毛は遺伝すると思います

髪の毛というのはかなり遺伝的要素の強い部分ですよね。

特に、髪の量となってくるとほぼ遺伝のような気がします。事実、ハゲている人の父親は高確確率でハゲているようと思います。詳しくはありませんが、「ハゲ遺伝子」というのは存在すると私は確信しています。

実際、私が小学生のときの同級生で、お父さんがかなり髪の毛がさびしい人がいたのですが(当時きっと30代後半くらいだったと思うのですが、年齢のわりにかなりキテいました。しかもつむじハゲだったので周りからそのお友達が「お前の父ちゃんカッパみたい」と言われて可哀想でした)、たまたまその同級生が社会人になってとある会合で見かけたところ、お父さんと同じように頭頂部から薄毛が進行していました。それを見て「遺伝って怖い…」と思ってしまいました。

幸い、私の夫の父親(義父)の髪の毛を見る限り、夫がハゲることはなさそうだな…と思っています。実際、夫は40代半ばですが現時点では全くフサフサしています。もちろん夫がハゲても愛情は薄くならない(たぶん…)ですが、少なくとも夫がハゲで悩むということはなさそうだなとホッとしている私です。

「M字はげ」とつきあって

シャンプーした時、ドライヤーで髪を乾かした時の抜け毛の多さに、ため息の出る毎日です。

自分はもともと家系的にはげるかもという漠然とした不安はあったものの、若いころはそれほど気にしていませんでした。

ところが20代後半の頃、前髪をおろした時にどうも「すだれ」のような不自然な隙間ができてしまい、うまく髪型が決まらなくなってしまいました。これこそまさに、M字はげを意識した瞬間でした。それ以来、横分けのサラサラヘアーとはおさらばし、髪は短めにしてオールバックで薄さをごまかすようにしました。たまたま受けたヘアーチェックでは「毛根が死んできている」との悲観的な告知をされ、せめてもの抵抗ということで、発売されたばかりの発毛剤を定期的に使用するようにしました。その効果があったのかどうかよくわかりませんが、40代半ばを迎えた今は、おでこがかなり後退しつつも、何とか持ちこたえている感じです。

年齢も年齢ですし、それほど抵抗する気もないのですが、少しでも長く自分の髪の毛と付き合っていきたいと思ってはいます。そのため、栄養の偏りや不規則な生活とならないよう気を付けて、健康維持の一つと考えて対処していくつもりです。もちろん、手軽にできてお金もそれほどかからない発毛・育毛方法があれば試してみたい気持ちはありますが。

26歳、幸せの若ハゲ

大学一年の時から自分の額が他の人よりも広いと感じていた。正直、父親も祖父もハゲだから覚悟はしていた。でも実際にハゲてくると、やっぱりキツイものがある。どうやら俺のハゲ方はM字ハゲらしい。俺は額をさらけ出すことが怖くて、前髪を伸ばして隠すことに必死になっていた。ところが、このヘアースタイルには致命的な欠点があった。それは、風を受けた時、前髪が浮き上がりますますハゲを強調してしまうことだ。俺は思い切ってヘアースタイルをベリーショートに変えた。すると思いのほか、前に比べてハゲが目立たなくなった。

ベリーショートにして早4年。その間になんと俺に彼女ができた。彼女は俺がハゲていても受け入れてくれるような女神のような存在だ。しかし、以前よりも額が広がっているという自覚、それが原因で彼女から見捨てられやしないかという不安が年々増していっている。俺は彼女に聞いた。

「俺が若いうちからごまかしきれないほどのハゲになっても好きでいてくれるか?」

彼女は答えた。

「もちろん。人間はみんないつかは老けるの。髪の毛があってもなくても、おじいちゃんおばあちゃんになったら誰だってシワシワのヨボヨボになるでしょ。ずっと好きでいられるかどうかは外見の問題じゃない、中身の問題よ。」

今度、俺は彼女にプロポーズをする予定だ。

Newer posts »